あさイチでも紹介!飲む美容液と言われる甘酒特集

私も夏場に飲んでいた甘酒ですが、寒くなりまた注文しました。
そしてこのタイミングであさイチで甘酒効果を特集していました。
あさイチの中で知った驚きの飲み方にビックリしましたが、もうすぐ甘酒が届くので私も自分だけのスペシャルドリンクを作って飲みたいと思いました。
関連記事甘酒飲んだら美肌になれて疲れ知らずだと聞いて飲んでいます

 

試してみたいブレンド例

  • トマトジュース
  • リンゴ酢
  • 紅茶
  • レモン
  • リンゴジュース
  • 牛乳

 

青汁も美味しいと言っていましたが・・・見た目がイマイチでしたので試すかは考えてみます(笑)
そしてあさイチでも紹介されていましたが、私はショウガを入れて飲んでいます。
特に冬場には暖かい甘酒にショウガって体がポカポカしてくるのでおすすめです。

 

冬に注意したい肌老化にも甘酒がおススメ

冬になると暖房での乾燥、空気の乾燥で肌は枯れがちです。ですから、肌老化しやすい季節なんです。
ですから、内側からも外側からもしっかりケアしないとシミやそばかす、シワの原因となってしまうんです。

甘酒は内側からのスキンケアにおススメです。

こちらの甘酒900mlで900円です。まとめて買うともう少し安くなります。
amazake3

900mlだと一月に3本~4本くらい飲みますね。
娘も飲みますので、、、
これでしっかり内側からスキンケア出来たらかなりお値打ちかと考えて今はサプリも飲んでいません。
一時期、飲んでいた漢方薬も飲んでいませんね。
まあ、毎日飲むのではなく、夏場の暑い時期や体調の悪い時、そして冬場、花粉症の時期などに飲みます。

 

自然のものですし副作用が特にないのがいいですね。
副作用とはいえるのかわかりませんが、カロリーが高いのが私にとっては副作用となりますね。

 

甘酒を飲む時の注意点

甘酒って美味しいですし飲む点滴と言われているくらいですのでカロリーが高いです。
栄養補給に摂るのはいいですがゴクゴク飲むと太るので注意が必要です。

私は夜寝る前に飲んでいました。
夜になるとちょっと小腹が空きます。
この時に誘惑に負けてちょっとお菓子なんてことも時々あります。
ですが、甘酒を飲むとお菓子を食べることなく満足できます。もちろん、この時も飲み過ぎないように100mlくらいにしていました。でも特に太ったことはありませんでした。

♦ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」

 

甘酒をもっと料理に活用したいです

私は今まで甘酒を使って料理もしていました。
とはいえ、みそ汁に入れるとか鍋に入れるくらいでした。

あさイチでは甘酒名人が出てきて嬉しい活用法を伝授してくれました。
出典:飲む点滴! 驚きの甘酒パワー NHKあさイチ

甘酒は煮立った汁に入れると効果がでないそうです。
私は熱いみそ汁とか、熱い鍋に入れていました。これNGでした。
鍋に入れるときは鶏肉を甘酒でつけたり、ミンチ団子を作るときに入れてましたね。

私は造り酒屋の酒粕を時々購入しているので、そちらをこれから料理に使おうと思いました。
料理に使う人は砂糖代わりに使う人も多いようです。
甘酒を使ったお菓子なども砂糖の代わりに使うそうです。凄くいい勉強になりました。
ただただ、甘酒を飲んでいただけなんてもったいないことしていたと思いました。

 

遠藤酒造

米麹や酒粕は近くのスーパーで買うんですが、飲む甘酒はネット通販で購入できる遠藤酒造で買っています。
モンドセレクション金賞12年間連続受賞の酒屋です。
たまたまですが、知り合いに頂いた朝しぼりというお酒が妙に美味しくて、ネットで調べたのがきっかけです。
その時に絶不調だったんですが、甘酒は飲む点滴だと聞き購入しました。
以来、調子が良くない時に甘酒飲みます。

今年は肌の乾燥を防ぐために冬にコツコツ飲んで美肌を保持したいです。

♦ノンアルコールでお子様も安心「造り酒屋の甘酒」

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。