コラーゲンは食べ物からの摂取は難しいこと知っていましたか?

今摂取しているBMペプチド5000を食べると膝の痛みが和らぐんですよね。
毎日、ウォーキングしているときも膝が痛くなるのでコラーゲン不足かと感じています。

 

BMペプチド5000ってコラーゲンだけど普通のコラーゲンとは違うことも分かっていますがどう違うのかしっかり調べてみました。

 

ペプチド・コラーゲン・ゼラチンの違い

魚のアラや手羽先などを煮た後に冷え固まった煮こごりがコラーゲンです。これ食べることでかなりコラーゲンが摂取できていたと自分では満足していましたが実は、消化吸収がよくないんですよね。
鍋いっいぱいの手羽先食べたから、野菜も一緒に・・・なんて思っていたんですが実はそれほどコラーゲンは摂取できていなかったんですね。
このことからも分かるようにコラーゲンを食材から摂取するのってかなり難しいようです。

 

身近な食材で摂取しようと思ったら、消化吸収しやすいように、コラーゲンを加熱して抽出・精製した「ゼラチン」があります。
ゼラチン使ったことある方はわかりますが、水には溶けにくいですが、温水にはよく溶けます。その溶けたもので、果物ゼリーや野菜ゼリーを作れば野菜もコラーゲンも同時に摂取できますね。

 

そして私が食べてBMペプチド5000はゼラチンよりも更に消化吸収しやすいように、ゼラチンを細かく酵素分解したものとなります。ですから、しっかりコラーゲンを摂取したいなら「コラーゲンペプチド」です。分子量が小さいので水によく溶け、体への吸収性も高いという利点があります。
一般的に粉状の「コラーゲン」と表記されているものは、この「コラーゲンペプチド」が多いと言いますから比較的購入しやすくて摂取もしやすいことが分かりました。

最近の研究では、「コラーゲンペプチドを1日5g、4週間以上続けると、肌の水分量の増加と肌の弾力性が向上」することが明らかになりました。コラーゲンペプチドによりうるおいとハリのある肌状態が得られることがわかりました。
出典 ニッタバイオ「コラーゲン基礎知識」

コラーゲンの摂取の仕方

ゼラチンもコラーゲンなので食べると身体にいいことがわかりました。
私のように40代後半になるとコラーゲンの生成は期待できないので、自分で摂取する方法も工夫する必要があります。
一番、手軽なのはBMペプチド5000のようにゼリーを食べるのが一番だと思います。

 

ただ、コラーゲンゼリーのデメリットとしてコスパが悪いことです。
コスパを考えると粉末状が一番だと思います。

 

いつもの3度の食事に混ぜ合わせて料理に使うことが出できるのも摂取しやすいですね。
粉末状とゼリーを組み合わせて摂取していくと良さそうです。
今日から始めてみようと思います。

 

コラーゲンを摂るタイミング

BMペプチド5000のようなステックゼリーは夜寝る前に食べています。
img_0613

 

朝でもいいんでしょうが、就寝前の方が効果があるような気がするからです。

 

皆さんも経験あると思いますが、コラーゲンドリンクを飲んで寝た翌朝の肌のプルプル感は嬉しいですよね。
これってコラーゲンをたくさん摂取したことで肌の水分量が上がるからだと言います。ですが、一時的なことなんですよね。
その理由は、ヒアルロン代謝は早く、1〜2日で代謝してしまうからなんです。
そのことから考えると、寝る前に飲むことで翌日一日、フルにプルプルを維持できるという事になります。

 

小さな努力ですが、年齢的にどこかでカバーして美を作らないといけませんからね。
これからも小さな努力で、若さを保ちたいですね。

ニッタバイオラボ【BMペプチド5000】お得な初めてセット

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。