断捨離して余ったカラーボックスにすきま収納家具を買いたい

いつになく年末の大掃除がスムーズです。
とはいえ、ここ最近は冷え込みが激しいので家にこもり仕事しています。

今年は温かい1月ごろから断捨離を始めかなり不用品の処理に成功しました。
断捨離やミニマリストなどの書籍を出している人に言わせると、いるモノ、いらないモノ、迷うモノと3種類に分けて・・・とか、小物から始めるとかいいますがそうは簡単に行きません。

断捨離始めると1日では出来ません。
でも、子供の世話、家族の食事、家事もやりつつの断捨離ですからね。テレビのように3日間で家中の断捨離が出来たらいいんですけどね。ですから、相当の時期をかけて断捨離しています。

 

でも、今年は一年前に捨てられなかったモノも今回は捨てることに成功しました。
衣服もいらない服を意識できるようになりました。思い出もありますし、また購入することを考えるとなかなか処分は出来ませんがもう一年越しでかなりの物を処分することが出来ました。

そして毎年の大仕事である換気扇の掃除も終わらせています。日テレの「損する人得する人」で家事えもんが言っていたセスキ炭酸ソーダで楽々掃除をしていますので、バッチシです。

 

ですから、後残すは窓ふきですね。
窓ふきは娘が冬休みに入ってから、勉強の合間に二人で行う予定です。その方が早いですからね。

 

で、問題は物を捨ててモノが減ったら、カラーボックスがガラガラになりました。
春になったらまた断捨離しようと思っているので(凄く寒い地域ですので・・・)更に空きがでると予想しています。そうなると新しい収納ボックスが欲しくなります。できればすきま収納が欲しいです。
今までのカラーボックスだと上が空くのに場所はとります。ですから、細長いすきま収納で家具を極力減らして、部屋を広く使いたいと思うのです。

まあ、部屋を広くしても家族が減ったので意味ないかもしれませんけどね。

 

そしてもう一つ欲しいのが子供の洋服などを収納するタンス的なものです。
自然木のタンスがいいとは思いますが値段が高いのとこの先、どれくらい使用するのかわかりませんから、簡単で使い勝手のよいモノを購入したいと思っています。ただ、安いからと選ぶと後々、邪魔になるのでお値段はしてもピッタリはまるサイズを選ぼうと思います。



コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。