母の日の感動と落ち込み

母の人言えば正直、プレゼント選びに困ります。
ある知り合いが、毎年アジサイを贈り続けていると聞きました。で、家の周りは毎年一個ずつあじさいが増えて行っているそうです。
これ聞いた時なんだかキュンとしました。
同じ花でいいんだとも思いました。

 

今年は洋服を送りました。
高価な贈り物は出来ませんがいつかというか近い将来、母の日に旅行にでも行けたらいいと思っています。
そのためには頑張って稼がないとダメですね。

 

で、贈るばかりだった母の日も子供達からのプチプレゼントがあると嬉しいですね。
いつも一緒にいる末娘はエプロンを買ってくれました。
上の娘は電話をくれました。その翌日に手紙が届いていました。
一日遅れると言うアナログ感がいいですね。

 

そして問題はというか息子。
一日、息子の所に行っていて送迎までしたのに・・・・感謝の言葉がない。
親が子に何かするのは当たり前です。代償は求めていませんが、ただ感謝の気持ちはいつも忘れないでいて欲しいです。
親に対してではなく全ての人に対してです。
そう言った意味ではこの先、息子大丈夫なんかな?と心配です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。