膝の関節の痛み・肩こり・肩詰まりにあったかグルコサミン

あったかグルコサミンを使ってみました。
深刻ではありませんが、数年前から膝の折り曲げ、立ち上がるとき、階段を下りるときなどちょっと膝が辛いと感じていました。あまりにも膝が痛い時は、コラーゲンドリンクなど飲んでみたりしていました。

 

特に季節の変わり目などにちょっと違和感を感じ始めていました。
でも、サプリを飲んだりするのも早いのかと思い、直接サッと塗るだけのお手軽タイプのジェルを使ってみました。

 

塗るとホンワカ温かくなり動きがいつもよりスムーズになってきます
手軽に膝を温められて結構気に入っています。

 
あったかグルコサミン(温感ジェルタイプ)

 

あったかグルコサミンの詳細

人は加齢とともに肩や腰、膝、関節の痛みが出始めます。そして加齢とともに慢性化してくるのです。
この慢性化の痛みは温めることでかなり緩和できるのですが、毎日温泉に行くなどの【湯治】は正直、難しいです。

ですが、あっかたグルコサミンは塗るだけで温かくなるので、痛みが速攻で緩和されます
ただ、完治ではありませんが、温められることで痛みが緩和され動きがスムーズになります。
寒い時期の冷え対策にもおすすめですが、エアコンの時期もかなり重宝します。

私は仕事などで肩が詰まってしまう時にも使用しましたが、温まることで肩が軽くなっていく感じがします。

 

あったかグルコサミンの成分

pokapoka

 

あったかグルコサミンは【なめらか・やわらぎ・ぬくもり】の3大成分の働きが大きいです。
アセチルグルコサミン
なめらか成分となります。軟骨の生成をサポートし、ヒアルロン酸も作り出す働きをします。
オオイタドリ
辛さを和らげてくれるやわらぎ成分となります。

 

ショウガ紺エキス
身体をぽかぽかにしてくれるぬくもり成分です。

 

あったかグルコサミンの使い方

あったかグルコサミンは痛みのある場所や気になる場所に塗るだけです。
マッサージを行いながら塗ることでよりぽかぽか効果を実感できます。

 

購入時に使用前に読む冊子が入っています。
「ご使用上の注意」をしっかり読んでから使用しましょう。

 

冊子にも書かれていますが、使用後は手についたジェルをしっかり洗い流すように書かれていますが、私も手に付けたジェルを洗い流さず放置していたらちょっとヒリヒリしてきました。
IMG_0506

 

ぽかぽか成分にはトウガラシも入っていますので、痛みのない部分についた分はしっかり落とした方が良さそうです。

 

その他の気になる注意点

  • 入浴後すぐには使用せず汗がひいてから使う
  • ジェルが付いた状態で目などの粘膜を触らない
  • 乳幼児には使用しない
  • 皮膚の弱い部分には使用しない

あったかグルコサミンの成分

IMG_0505
水、BG、エタノール、PEG-20 ソルビタンココエート、アセチルグルコサミン、グリチルリチン酸2K、バニリルブチル、イタドリ根エキス、セイヨウオトギリ草/葉/茎エキス、カミツレ花エキス、トウキンセイカ花エキス、フユボダイジュ花エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、トウガラシ果実エキス、ツボクサエキス、オウゴンエキス、カンゾウ根エキス、チャ葉エキス、ローズマリー葉エキス、トウキ根エキス、セイヨウシロヤナギ樹皮エキス、ショウガ根エキス、シャクヤク根エキス、グレープフルーツ果皮油、ラベンダー油、レモングラス油、オレンジ果皮油、メントール、アラントイン、カルボマー、ジメチルスルホン、メチルパラベン、フェノキシエタノール、水酸化K、黄4、橙205

 

使い始めて2週間経ちました

 

IMG_0502

使い始めて2週間ほど経ちました。
夏の暑い時期に膝や関節の痛みはあまりないんですが、寒い時期が続いて少し膝に違和感が出始めていた頃でしたので、凄く重宝しました。あったかグルコサミンは60歳以上の方の使用が多いようですが、私のような40代でも運動不足で動きが鈍くなっていますし、冷えています。そんな時にサッと塗るだけなので便利です。

また、臭いがなく、ベタベタした感じもないのでいいですね。
ジェルを膝に塗ったあとジーパンなど履いてもくっつく感じもないので、出かける朝でもぬることが出来ます。

 

♦あったかグルコサミン(温感ジェルタイプ)

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。