最近のぎっくり腰は安静ではなく日常生活をボチボチ行いながら治す

ぎっくり腰と言えば安静にしていて時を待つが常識かと思っていました。
ですが、違うようです。

 

実は日曜日にギックリ腰のような症状になってしまいました。
ような症状とは、ギックとしなかったからです。
でも、痛みの度合いとか感じはぎっくり腰そのものです。
で、今までは寝て治していましたが起きられるような状態なら普通に日常生活を行った方が早く治るという実証結果が出ているとしりました。

 

ちなみに寝ていて早く治るとかはなんの根拠もデータもないようです。
ただ、ギックリした時は足の捻挫をしたときのように炎症が起きているので安静ですが、その状態が過ぎれば温めて普通に生活したほうが早く治るということです。

 

それをしり、月曜日は簡単なことだけしながら、寝ながら過ごしました。
で、昨日は寝る時間を極力少なくして、簡単なことをしていました。
もちろん、重い荷物を持つとか、体に負担をかけるようなことはしませんでした。

 

洗濯を干すときも高いところには干さず低い場所に、食事も簡単に作れるものにしました。
ゆっくり歩いて、ゆっくり作業していました。

 

確かに、いつもは寝ていますが動いた方が完治が早いのかも?
立って動いているときは一番楽な姿勢です。
でも、背筋を伸ばせないんで疲れるんです。
初日は動いては休みを繰り返していましたが、翌日は少しだけ背筋を伸ばせるようになりましたので、あったかグエルコサミンを塗りました。温めると効果絶大ですね。

 

動きがスムーズになりました。
いつもは膝や肩こり専用でしたが、ぎっくり腰にも使えました。
もちろん、今日も使いました。自分ではつけられないので、朝起きてと夕方とお風呂上りに娘に付けてもらいました。
ポカポカして痛みも緩和されます。

 

明日もあったかグルコサミンはフル活用でしょうね。

♣膝の関節の痛み・肩こり・肩詰まりにあったかグルコサミン

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。